若狭の旅 〜海・湖・里まるごと体験〜

闇見神社例祭神事 県指定無形民俗文化財

闇見神社は、倉見庄(くらみのしょう)の鎮守社として、三十三間山の麓に鎮座する式内社で、若狭の耳別(みみわけ)の祖とされる室毘古王(むろひこのみこ)の母、沙本之大闇戸売命(さほのおおくらみとめのみこと)と菅原道真をまつる古社です。4月5日の例祭当日、村立ちの儀を経て、災祓幣(さいはらいべい)を先頭に神社に向かい、参道入り口の広場で「当渡し(とわたし)の儀」(当屋交替の儀式)を行い、王の舞、獅子舞・大御幣搗き(おおごへいつき)・神輿御御(とぎょ)等が続きます。圧巻は大御幣搗きで、当渡しを終えた大御幣の四方に荒縄をくくり付け、激しく地面に叩きつけながら社頭に向かいます。長さ6尺、4寸角の松の生木づくりの御幣を木っ端微塵になるまで搗きまくる特殊な神事で、奇祭です。

住所 福井県 三方上中郡 若狭町 成願寺
交通 <舞鶴若狭自動車道>
若狭三方ICから車で14分(国道27号経由)
若狭上中ICから車で15分(県道22号・国道27号経由)

利用時間 2015/04/05
お問い合わせ先 若狭町歴史文化課 Tel. 0770-62-2711

こちらもおすすめです

若狭の旅についてご質問などございましたら、お気軽にお問い合せください。 お問い合わせ