若狭の旅 〜海・湖・里まるごと体験〜

多由比神社の例祭神事 県指定無形民俗文化財

天満・八幡大神を祭神とする多由比神社(式内社)の例祭神事は中世末期の姿を今に伝えています。例祭の中のエッサカエットは全国でも珍しい中世芸能の一つです。4月18日の例祭当日、みこりかき役の少女の家では、ゴク(七合の粳(うるち)米を蒸す)をつくり、神饌(お供え)の準備を整えます。潮水撒きを先頭に、辻御幣・大榊(おおさかき)その他の諸役が徒歩で神社に向かい、参拝を済ませ、行列を組み替えて松の浜と呼ばれる御旅所へ向かいます。祝詞奏上の後、御幣振り・王の舞・獅子舞・田楽・エッサカエット・浦安の舞などが繰り広げられた後、神社に戻り、境内の広場で浦安の舞を奉納し、神輿渡御(とぎょ)で例祭が終わります。

住所 福井県 三方上中郡 若狭町 田井93-2
交通 <舞鶴若狭自動車道>
若狭三方ICから車で13分(国道27号・国道162号経由)
若狭上中ICから車で18分(県道22号・国道162号経由)

利用時間 2015/04/18
お問い合わせ先 (一社)若狭三方五湖観光協会 Tel. 0770-45-0113

こちらもおすすめです

若狭の旅についてご質問などございましたら、お気軽にお問い合せください。 お問い合わせ