若狭の旅 〜海・湖・里まるごと体験〜

天満社例祭神事 県指定無形民俗文化財

天満社は菅原道真公を祭神とする神社です。3月末に大御幣づくりやおはけ立てが行われ、4月2日の例祭当日は夜明けとともに小宮詣りという神社参拝の行事があります。神事の後、当屋・御幣・王の舞・神輿かきなどの一行が神社へ向かい、祭典の後、社殿前の広場で王の舞・獅子舞・田楽を奉納。祭典に並行して神輿かつぎの若者たちが社務所横の川で「サイヨリサヤー」の掛け声のもと足で悪魔を踏みつけ蹴散らさんと激しく水垢離をかきます。神輿は若者たちにかつがれて下の馬場へ渡御、再び王の舞・獅子舞・田楽の奉納があり、夕方神輿の還御をもって例祭神事が終了します。

住所 福井県 三方上中郡 若狭町 藤井字宮内56-12
お問い合わせ先 若狭町歴史文化課 Tel. 0770-62-2711

こちらもおすすめです

若狭の旅についてご質問などございましたら、お気軽にお問い合せください。 お問い合わせ